2012年05月18日

DRBD モジュールが突然動かなくなったときにチェックすること

Linux 3.4 では、 call_usermodehelper() の引数で指定されている UMH_* 定数の値が変更されています。 UMH_* 定数の代わりにハードコードされた整数を指定しているソースコードは、 Linux 3.4 以降では期待通りに動かなくなります。

現時点では、この修正は Ubuntu にバックポートされています。この修正は他のいくつかのディストリビューションにもバックポートされることが予想されます。
call_usermodehelper() を含むコードを使用する場合、 UMH_* 定数を使用するように修正されているかどうか確認するようにしてください。

一例として、 DRBD モジュールでは call_usermodehelper() でハードコードされた整数を指定していたため、バグ報告が出ています。
https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/drbd8/+bug/1000355

posted by 熊猫さくら at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55938571
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック