2011年01月21日

TOMOYO Linux 1.8.0p2 / AKARI 1.0.7 が公開されました。

マウントポイントが不明な場合、マウントポイントまでのパス名の代わりとして dev(メジャー番号,マイナー番号): というプレフィックスを使っていましたが、 メジャー番号が 0 の場合のマイナー番号には意味が無いので、メジャー番号が 0 の 場合にはファイルシステム名( tmpfs: とか devtmpfs: とか)をプレフィックスとして 利用するように修正しました。これは、 CONFIG_SECURITY_PATH=y になっていない RHEL 6 で AKARI を利用しやすくするための仕様変更です。

TOMOYO はマウントポイントが判明している箇所に TOMOYO パッチを適用するため、 dev(メジャー番号,マイナー番号): というプレフィックスを見かけることは無い筈です。 しかし、 grsecurity カーネル向け TOMOYO パッチに含まれていたバグを修正した他、 RHEL 5.6 および RHEL 6 および 2.6.38 向けの対応のための変更も行われたので、 区別できるように 1.8.0p2 にしました。

posted by 熊猫さくら at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | TOMOYO Linux
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42779962
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック