2009年11月11日

TOMOYO Linux 1.7.1 が公開されました。

http://sourceforge.jp/projects/tomoyo/lists/archive/users/2009-November/000686.html

http://kumaneko-sakura.sblo.jp/article/22916756.html で MD5 のハッシュ値を選ぶ方法を示しましたが、今回は以下のようなプログラムを作成して自動化してみました。

#include <stdio.h>
#include <unistd.h>
#include <string.h>
#include <sys/time.h>

int main(int argc, char *argv[]) {
	struct timeval tv;
	char buffer[1024];
	memset(buffer, 0, sizeof(buffer));
	chdir("/ccs/");
	gettimeofday(&tv, NULL);
	while (1) {
		FILE *fp = popen("tar -zcf /usr/src/rpm/SOURCES/ccs-patch-1.7.1-20091111.tar.gz --exclude .svn -- *; md5sum /usr/src/rpm/SOURCES/ccs-patch-1.7.1-20091111.tar.gz", "r");
		if (!fp)
			break;
		fgets(buffer, sizeof(buffer) - 1, fp);
		pclose(fp);
		printf("%s", buffer);
		if (buffer[0] == buffer[1] && buffer[1] == buffer[2] && buffer[2] == buffer[3])
			break;
		tv.tv_sec++;
		settimeofday(&tv, 0);
	}
	return 0;
}

さすが自動化すると速いです。4文字連続一致というなかなか出ない値を数秒とか数分とかでゲットできました。(笑)

posted by 熊猫さくら at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | TOMOYO Linux
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33590044
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック