2008年05月18日

複数 CPU を VMware ゲストに割り当てた場合の動作について

複数の CPU を VMware ゲストに割り当てている場合、システムがハングアップするという問題で悩んでいる方がいるかと思います。
これは、クロックソースとして使われている tsc に問題があり、タイマーを使う処理が正常に行われていなかったのが原因かもしれません。
詳細は http://bugzilla.kernel.org/show_bug.cgi?id=9834 および http://marc.info/?l=linux-kernel&m=121062853005859&w=2 にあります。

この問題はカーネル 2.6.26-rc1 にて修正されています。ディストリビュータカーネルに修正パッチが適用されるまでの回避策としてはカーネル起動時のオプションに clocksource=acpi_pm または clocksource=jiffies を指定することで、クロックソースとして tsc を使わせないようにする方法があります。

posted by 熊猫さくら at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15033320
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック