2015年02月17日

第15回「フォールトインジェクションノススメ」が掲載されました。

今回は SystemTap を使ってエラーを発生させるというちょっと怖いお話です。でも、ここでは目を離した隙にカーネルの挙動が変化しているという別の方向で怖い話をしたいと思います。

使い方1で紹介した不具合は RHEL 6/7 カーネルにバックポートされましたが、修正されたことを知るのは面倒です。というのも、エラータのページにはセキュリティ上の不具合の修正内容についてしか言及されておらず、「その他の修正内容についてはテクニカルノートを見てね」と書かれているのに従ってテクニカルノートのページをチェックしても、今回の不具合に該当しそうな内容が見当たりません。実は、 rpm パッケージの変更履歴の説明文をチェックするかソースコードの差分をチェックして初めて、「あ、修正されたんだな」と判るようになっていたのです。テクニカルノートには全修正内容が網羅されていると思っていると、落し穴にはまるかもしれないということですね。

使い方2で紹介した挙動は、 3.19-rc6 がリリース(1/25)されてから 3.19 がリリース(2/8)されるまでの僅かな間に、 __GFP_FS が含まれていない場合にはメモリ枯渇時に OOM Killer を発動させずに諦めるという変更が適用されてしまいました。 linux-next.git でテストを行って問題が無いことを確認してから linux.git の -rc1 がリリースされるまでにマージするというのが本来の手順なのですが、その手順をすっとばされた訳です。ファイルシステムより低いレイヤーでのメモリ割り当てがメモリ枯渇時に失敗してしまうようだと、ファイルシステムエラーが多発してしまうので困ると思うのですが。そういう変更を適用するのなら、 __GFP_NOFAIL が必要な個所を全て洗い出して修正してからにしてほしかったんだけどなぁ。

posted by 熊猫さくら at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/113856651
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック