2014年09月30日

第5回「 SysRq ノススメ」が掲載されました。

今回は SysRq の紹介です。

全プロセスのバックトレースを取得する方法として SysRq-t と kdump とがあり、 SysRq-t には以下のような利点があります。

  • 動作中のマシンをクラッシュさせることなく情報を取得できる
  • 時間経過に伴い処理が先に進んでいるかどうか(バックトレース内容が変化しているかどうか)を確認できる
  • それに対して、 kdump には以下のような利点があります。

  • バックトレース内にゴミが混入しないので内容を把握しやすい
  • (時間経過を伴わないため)一貫性のある結果が得られる
  • バックトレース以外にも様々な状態を確認できる
  • そのため、より確実な情報取得のためにマシンをクラッシュさせることが許されるのであれば、何回か SysRq-t を実行した後に、 SysRq-c を実行して kdump を取得するというのが好ましいと考えます。

    ちなみに、 libvirt 経由で KVM ゲストを稼働させている場合、 virsh dump コマンドを実行することで「動作中のマシンをクラッシュさせることなく kdump 相当の情報を取得できる」ので、 SysRq-t と kdump の両方の利点を得ることができます。 KVM ホストへのシェルログインを許可していないクラウドサービスでも、故障解析情報取得用に Web CGI インタフェースを使って virsh dump 機能を提供してもらえないものかなぁ?

    posted by 熊猫さくら at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
    この記事へのトラックバックURL
    http://blog.sakura.ne.jp/tb/104064544
    ※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

    この記事へのトラックバック