2014年09月16日

第4回「 udplogger ノススメ」が掲載されました。

今回は udplogger の紹介です。前回紹介した netconsole の受信側プログラムとしてはもちろんのこと、情報取得のために仕掛けた SystemTap の出力メッセージを受信させたり、ローカルディスクへの書き込みが遅延する恐れがある場合に数秒間隔で取得している性能データを他のホスト上に保存させたりするという使い方もできます。

「ローカルディスクへの書き込みが遅れるなんてことあるんかいな?」と思われるかもしれませんが、実際に遅延した事例があります。 rsyslog のデフォルト設定では書き込みの完了を待つようになっているため、 Serial ATA の Native Command Queuing 機能により、業務アプリケーションによる大量のディスク I/O が優先されてしまい、死活監視で使っている /bin/su を実行した際の /var/log/secure への記録が大幅に遅延して、死活監視のタイムアウトエラーが発生してしまいました。結局、 /var/log/secure への書き込みの完了を待たないように rsyslog の設定を変更して対処しました。

「ヤマノススメ」は風景描写が丁寧ですねぇ。「ARIA」を思い出します。 そういえば、アニメで口笛シーンが登場するのは珍しいことかも。

posted by 熊猫さくら at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux