2014年05月16日

「セキュリティ・キャンプ全国大会2014」参加者募集が始まりました。

撮影されないようにカメラから逃げ回っている熊猫が、何故かクラス紹介の動画で喋るはめになってしまいました。(汗)

昨年度は「セキュリティの見える化を考えるゼミ」という名前で募集し、「利用者を置いてけぼりにしないセキュリティを考えてみよう」というテーマには8名もの応募がありました。セキュリティについて利用者が置いてけぼりにされているというモヤモヤ感を持った人が予想以上に多く存在していると感じました。そして、セキュリティという得体のしれないものを相手にするのは学生には難しいとも感じました。

そのため、今年はOSのセキュリティを考える前段階である「OSの見える化を考えるゼミ」という名前で募集します。応募者の希望テーマに応じて講義内容を考える予定ですが、参考資料として、来週 LinuxCon Japan 2014 の発表で使用する「エンタープライズ向けサーバのトラブル対応のための情報取得方法について」を紹介しておきます。

posted by 熊猫さくら at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux